トップページ > 製品紹介 ・ 用途別製品一覧 > レーザマイクロゲージ

レーザマイクロゲージの特長

>>レーザマイクロゲージのラインナップはこちらから

世界最速3600回/秒の超高速測定(D7シリーズ)

LMG7シリーズは当社従来機(LMG5シリーズ)と比較して2倍の
測定回数(3600回/秒)を高速安定制御回路で実現。
高速で移動するラインの測定や測定箇所の振動の影響にも強くなりました。。
高速モデルでも表示部・センサ部・接続ケーブル(4m)のセット価格が68万円〜と低価格(定価:税別)。

測定精度の更なる向上を実現しました。(D7シリーズ)

従来の1/2の測定時間で高精度測定が出来ます。
繰返し精度・直線性精度・再現性も大幅に向上しました。

>>超高速7シリーズ導入のメリットはこちら(別ページでPDFが開きます)
印刷に適したA4サイズで作成されております。

さらに低価格なD3モデルを追加し、用途に応じての選択幅が広がりました

測定精度はそのままで、外径測定専用のD3モデルが追加発売となりました。
表示部・センサ部・接続ケーブル(4m)のセット価格が47万6千円と低価格(定価:税別)。
(対応センサはLMG023・LMG123・LMG303の3モデルから選択。)
低価格ながら、公差判定・出力、測定データのRS232C出力も標準搭載です。

非接触測定による測定の安定性(LMG全シリーズ)

接触式と比べて測定の個人誤差が軽減されます。
測定物の材質を問いません。

2種類の測定値の同時表示、mm/inchの切替、多彩な測定モードを搭載(D7・D5シリーズ)

通常の外径測定・間隔(振れ)測定機能に加え、ドリル・エンドミル(奇数刃)
に対応した外径測定・簡単設定で利用できる自動測定モード
10種類迄の設定を記憶するプリセット登録等の各種機能を搭載しています。

レーザマイクロゲージの測定原理

レーザマイクロゲージの測定原理

非接触測定レーザマイクロゲージの測定原理
ページトップへ戻る
Copyright (c) 1997- 2012 Tokyo Opto-Electronics Co., Ltd.