レーザマイクロゲージ ラインナップ

>>レーザマイクロゲージ選択ガイド(PDFファイルでご用意しております)

特殊用途  > 高温物体測定用  > 2次元走査  > 大型物測定用  > 耐放射線用

データ関連 > 測定データ取り込み、データの運用について   特注制作 > 特注制作

高速・高精度モデル LMG-D7 毎秒3600回スキャン

レーザマイクロゲージLMG-D7

測定サイズ別に2mmモデルから150mmモデルまで6種類
最小表示値0.01μm(最大測定幅30mmのタイプまで)
3600回/秒の瞬測スキャンを実現。
時々刻々と測定箇所が高速に移動するオンライン測定でも
その瞬間をとらえます。
高速スキャンでもお求めやすい ¥680,000(税別)〜
(センサー1台+表示部+接続ケーブルのセット価格)

>>LMG-D7詳細ページはこちら

XY測定用一体型高速モデル LMG-D7-XY 毎秒3600回スキャン

レーザマイクロゲージLMG-D7XY

縦置き・横置き設置両対応の一体型2軸(XY)モデルも
高速(3600回/秒)仕様で新登場。
透明・不透明を問わず柔らかな樹脂製のチューブ・パイプ・
繊維・ファイバや極細の金属ワイヤー等の品質管理に活躍。
 ¥1,200,000(税別)〜
(X・Yセンサ1台+表示部+接続ケーブルのセット価格)

>>LMG-D7-XY詳細ページはこちら

多機能モデル LMG-D5 毎秒1800回スキャン

レーザマイクロゲージLMG-D5

測定サイズ別に2mmモデルから150mmモデルまで6種類
最小表示値0.05μm(最大測定幅30mmのタイプまで)
充実した演算機能を搭載し、最大値・最小値測定から
ロールの外径・振れ測定まで御利用いただけます。
各種の機能を搭載しても ¥580,000(税別)〜 と低価格
(センサー1台+表示部+接続ケーブルのセット価格)

レーザマイクロゲージLMG-D5

>>LMG-D5詳細ページはこちら

外径測定専用モデル LMG-D3 毎秒1800回スキャン

レーザマイクロゲージLMG-D3

製品の品質管理に低価格な外径測定器をお探しのユーザー様に。
測定サイズは2mm・12mm・30mmの3モデル。
各モデル共に¥476,000(税別) とお求めやすい低価格を実現
(センサー+表示部+接続ケーブルのセット価格)

公差判定の表示・出力や測定データの出力はD5・D7と同様です。
D5シリーズと同仕様のセンサ部(1800回モデル)を搭載し
低価格でも高精度な測定が出来ます。

>>LMG-D3詳細ページはこちら

従来モデル LMG-PV LMG-MV 毎秒1800回スキャン

レーザマイクロゲージLMG-PV-MV

測定サイズ別に2mmモデルから220mmモデルまで7種類
最小表示値0.05μm(最大測定幅30mmのタイプまで)
従来機を御利用中のお客様向けに継続販売中です。
MVモデルはセンサを2台接続して、御利用いただけます。
各種の機能を搭載しても ¥580,000(税別)〜 と低価格
(センサー1台+表示部+接続ケーブルのセット価格)

>>LMG-PV MV 詳細ページはこちら

高温物体測定用(加熱加工中の外径変化測定用)

高温物体測定用(加熱加工中の外径変化測定用)

バーナーで高温加熱中のファイバーガラス等の
外径変化を安定して管理する事ができます
加工装置側とのデータ受け渡しにも対応します

>>高温物体測定用(加熱加工中の外径変化測定用)のご紹介はこちら(別ページでPDFが開きます)

高温物体測定用レーザマイクロゲージ

高温で白熱状態にある物体の寸法を測定する機能が付加されたレーザマイクロゲージです。
セラミックス、金属等の高温での熱膨張による寸法変化を高精度で測定することができます。
1000℃を越える高温物体の高精度寸法測定は接触式の測定器では不可能に近く、
非接触測定が望まれています。レーザー光を使用した本測定器は高精度な非接触測定には
最適ですが、高温になるにつれて強力になる被測定物からの発光が受光部に入射して
測定を困難にします。弊社では研究・実験を重ね、この問題を解決しました。

高温物体の測定用

膨張率グラフを作成するソフトウェアもご用意しております。
>>膨張率グラフ作成ソフトの詳細はコチラ
PDFファイルでご用意しております。

レーザマイクロゲージによる熱膨張の非接触測定に関しまして、
下記の2社様にて設備利用等のご相談も行っていただけます。

1 岡山セラミックスセンター様
「設備機器紹介」ページ内の
「熱膨張率測定装置(1)」、「熱膨張率測定装置(2)」の2装置に
弊社製レーザマイクロゲージが搭載されています。

2 株式会社超高温材料研究センター様
「基礎特性評価システム」ページ内の「熱膨張率測定装置」に
弊社製レーザマイクロゲージが搭載されています。

2次元走査レーザマイクロゲージ

標準型のレーザマイクロゲージに回転または揺動式の新開発ミラー系を付加した測定器で、
レーザー光走査面に垂直方向に走査面を平行に移動しながら測定します。
センサー本体を移動することなく、固定した状態でパイプ等の軸方向の場所による
外径変化を手軽に高精度測定することが可能です。

仕様例
基本測定機種    LMG606
走査面移動距離    30mm
移 動 速 度    100mm/秒
測 定 間 隔    0.1mm
測 定 精 度    LMG606に準ずる

>>小型2次元走査レーザマイクロゲージ(LMG−126U搭載)の詳細はコチラ
(PDFファイルが開きます)
用途
核燃料用被覆管バースト試験、引張り試験での形状変化等の寸法測定。

大型物測定用レーザマイクロゲージ

大型測定物非接触測定センサ

レーザマイクロゲージのセンサーユニットを複数個使用して
ユニット間の継ぎ目を無くするように配列し、
継ぎ目が測定に影響しないように信号処理をした画期的な装置です。
この装置は走行中の測定物の外径を連続でリアルタイムに測定することができます。
測定範囲はユニットの数によって決まるので制限はありません。
・小さい物から大きい物まで(LMG500CS の場合:直径2mm〜500mm)1台で測定
・ミクロン単位に高精度・高速測定
・最大測定サイズはご要望に応じます

>>大型物測定用レーザマイクロゲージの詳細はコチラ
PDFファイルでご用意しております。

耐放射線用レーザマイクロゲージ

強い放射線下で使用される測定器は、それに使用されている材料、電子部品等が
放射線に侵されて長時間の性能維持が困難です。レーザマイクロゲージも同様ですが、
放射線に強い光学部品(レンズ、ミラー等)の開発、電子部品及び校正材料の選択
により、耐放射線用レーザマイクロゲージを開発しました。本機の出現により
高線量下測定での放射線遮蔽容器等の使用はほとんど必要がなくなりました。

仕様
基本仕様はLMG606と同等。
耐放射線量
50000rad以上(X線の場合)

測定物の温度
約2000℃まで。(2000℃以上の場合にもご相談に応じます。)
用途
放射線汚染物質の寸法測定。
高放射線雰囲気での寸法測定。

測定データの取り込み、データの運用について

レーザマイクロゲージで測定したデータをパソコンへ取り込む事で、
様々な用途にご活用頂けます。
Excelへの測定データ取り込みプログラムは
表の指定値に測定結果を自動を入力し、表計算機能を使って測定データをご活用頂けます。
>>Excelへの測定データ取り込みプログラムの詳細はコチラ(PDFファイルが開きます)

データログプログラムは
パソコンに測定データを取り込んで表形式での表示とCSVファイルへの出力を行います。
取り込んだデータをリアルタイムにグラフ表示し、印字することもできます。
>>データログプログラムの詳細はコチラ(PDFファイルが開きます)

特注プログラムの作成も行なっております。ご相談ください。

特注制作について

東京光電子工業株式会社では、設計から製造まで一貫した自社開発を行なっております。
特殊な状況下での測定や、特殊なサイズの測定など、是非ご相談ください。

お電話でのご相談  03-3922-9598
もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ページトップへ戻る
Copyright (c) 1997- 2012 Tokyo Opto-Electronics Co., Ltd.